木造住宅の外壁の劣化のサインは?

木造住宅は木材を使用して建てられているので通気性が良くて居心地が良いと高い評価をしている人が多いです。日本でも約7割が木造住宅と言われているので実際にマイホームを建てる時に選ぶ人も多いでしょう。しかし木造住宅は外壁や屋根が劣化するスピードが早くなる事もあるので注意しなければいけません。そこでどのような症状が出てきたらメンテナンスをした方がいいのか確認していきましょう。

・建物の周辺に粉のようなものが落ちている

外壁が劣化してくると塗装が徐々に剥がれてきます。実際に外壁を触ってみると粉のようなものが付着する事があります。この症状はチョーキングと呼ばれていて外壁が劣化しているサインになります。木造住宅で生活を送っている時に建物の周辺に粉のようなものが落ちていたらチョーキングの症状が出ている可能性が高いのですぐにメンテナンスをするようにしましょう。

・汚れが目立っている

外壁に汚れが目立っているという事は塗料の機能が低下している事が考えられます。塗料は汚れをはじいてくれるので機能が低下していると汚れも目立ってきてしまいます。外壁を見て汚れていると感じていたらすぐにメンテナンスをするようにしましょう。