擁壁はよく確認しましょう

更地で土地を購入し、新築住宅を建てました。丘陵地なので土地は階段状になっています。この擁壁が少し心配になっています。
まずは自分の敷地の擁壁です。敷地境界ぎりぎりでほぼ垂直のかべになっています。これが相当古く、いつ出来たかも定かではありません。鉄筋入りのコンクリートなので簡単には倒れないと思います。ですが、大きな地震が来たらと思うと不安です。
二番目は隣地からの水の沁みだしです。雨の上がった日などは隣の敷地から水が流れてきます。さしたる量ではありません。ですがよく見ると擁壁と既存のコンクリート部分の間から出てきているようです。となりの家のことなので何もいえないのですが、中の鉄筋が錆びていないか心配です。
最後は隣地のブロック塀です。1メートルくらいの擁壁の上に立っています。地震がきて倒れたら、我が家の敷地に落ちてくるのは確実です。せめてそのへいの下には何も置かないことくらいしか対策はありません。
いろいろと調べて買った土地ですが、住んでみると様々な悩みや不安が出てくるものです。